翻訳を仕事にするメリットとデメリット

翻訳を仕事にするメリットとデメリット

在宅でできる副業も増えてきており、その中で翻訳を選択するメリットとはなんでしょうか。

メリットとデメリットを確認することで、今後の働き方に明確なイメージができてくると思いますので、いくつか挙げてみたいと思います。

森谷式翻訳術ホームページ

翻訳家になるメリット

翻訳家になる事でのメリットはどんなものがあるでしょうか?

時間や働く場所にとらわれない仕事のやり方。

沢山のメリットがあると思いますが、まとめてみました。

マーケティングにおける翻訳は需要が右肩上がり

翻訳というジャンルにおいて最も需要が上がっているのはマーケティングにおける翻訳です。

トランスクリエーションは原文から発展させよりインパクトのあるイメージを相手に与えます。

覚えやすいキャッチコピーなどで売り上げが大きく変わるので、マーケティングにおける翻訳は需要が上がり続けています。

資格や学歴は必要無し

翻訳の仕事をするのに学歴や資格などは必要ありませんし、年齢も関係ありません。

2つの言語が扱えれば誰でもできるのが翻訳の仕事です。

自由な働き方ができる。

翻訳の仕事はすべて在宅で完結する仕事です。

時間や場所にとらわれずパソコンやネットがあればできるので、本業が忙しい方でもスキマ時間に十分に仕事をすることが可能です。

完全在宅なので人間関係に悩まされることもなく、気軽に仕事ができます。

定年を気にしなくてもいい

翻訳の仕事は生涯現役で安定して働くことが可能です。

実績を積めば案件の数や報酬も上がってくるので、老後に年金や貯金の心配をしなくても済むようになります、

翻訳の仕事のデメリットは?

・仕事が無いと収入が安定しない

収入を安定させるためには、素早く仕事をたくさんこなし、安定した数の受注をこなす必要があります。

また、時期によっては仕事があまりない時もあるので、そういった時の為の別の副業をしておくのも有効です。

・仕事を受注するには試験に合格する必要がある

翻訳会社と業務提携し仕事を受注するには、翻訳会社の試験に合格する必要があります。

フリーランスとして仕事を受けるにはある程度の実績が必要になるので、まずはこの試験の合格を目指しますが、合格率は全体数の5%ほどという難関です。

試験対策は必須になってきます。

・自己管理が必要

仕事を受注しすぎるとキャパオーバーとなってしまい、締め切りに間に合わないといったこともあります。

本業が忙しくて時間があまり取れない方は、本業と副業のバランスを考え、自分ができる範囲で仕事を受注し管理しなければいけません。

また本業と兼業する場合は、体力も考え体調管理をしっかり行わないといけません。

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る