副業をやる上での注意点

副業をやる上での注意点

副業をやる上での目的は収入を増やすことだと思います。

本業の収入だけでは生活が厳しい、今の収入では将来に不安があるという方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな人におすすめするのが副業なのですが、副業をはじめて失敗をしてしまったという事例も多くあります。

ここではそんな副業の失敗例や、気を付けるべきポイントを紹介していきます。

森谷式翻訳術ホームページ

副業での失敗例

副業を行う上での失敗例などを書いてみたいと思います。

どんな失敗が有るのか、注意した方が良い点などもあると思います。

労働に見合った報酬がもらえない

最近は在宅での副業も増えてきましたが、誰でもできるような内職系の副業では労働に見合った報酬が得られるとは限りません。

歩合制での報酬となると、時給換算にすると数百円程度だったということも少なくありません。

逆に言うと時給制よりも頑張りによっては高い報酬を稼ぐことも可能ですが、いずれにしても時間とコストが高くかかる仕事は本業にも影響がでるので、バランスを考えながら仕事をすることが大事です。

会社が副業禁止だった

副業をはじめたところ、会社が副業禁止だったためにトラブルになってしまった、という例も少なくありません。

世の中は副業を推奨する動きに入っていますが、未だに副業を禁止している会社が多いのが実情です。

事前に会社の規定を確認し、副業可能かどうかをきちんと調べましょう。

在庫を抱え損益が出た

商品を仕入れて販売するような副業の場合、売れ残ったものが在庫として手元に在庫に残り続け、損益が出る可能性があります。

収益を上げていても在庫分のマイナスでプラマイゼロなんてことにもなりかねません。

また株やFXなどの取引は初期投資が必要で、必ずしも投資分の利益が出るとも限りません。

働く時間が増え休む時間が無くなった

副業で仕事を増やすということは、それだけ体への負担も増えます。

どうしても睡眠や自由な時間が削られるので、体調を崩してしまい本業にも影響が出て収入が下がってしまった、ということにもなりかねません。

精神的にも疲れますので自分ができる範囲で無理なく働くことが求められます。

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る