森谷式翻訳術の発案者:森谷祐二の兄「森谷雄」のお話。

森谷式翻訳術の発案者:森谷祐二の兄「森谷雄」のお話。

翻訳者として、そして森谷式翻訳術の発案者として活動する「森谷祐二」さんの兄が実は凄い人でした。

「森谷雄」と言う方をご存知でしょうか?

日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画「ミッドナイトスワン」のプロデューサーとの事です。

一緒に撮った写真も掲載されていました。

翻訳とは関係が無い事では御座いますが、こうした方が身内に居るので、怪しいとか不安を感じている方にとっては、少なからず安心材料になるのではないでしょうか?

因みに、私も何気なく色々とネットを徘徊していたら見つけただけなのですが。

何やら、お兄さんと共同で映画を作った事もあるみたいです。

森谷式翻訳術ホームページ

映画「ミッドナイトスワン」

私はまだこの映画を観てはいませんが、「トランスジェンダー」の事を取り入れた映画です。

映画のコンセプトに関しては興味もありましたし、こうして森谷祐二さんとこの映画の結びつきを知った今、早く観たくて仕方がないです。

映画の翻訳

映画のお話になったので、映像翻訳に関してのお話です。

映像翻訳には色々とルールがあります。

1秒間に対する文字数制限だったり、句読点の使用をしない等のルールがあります。

なので、英語をそのまま全て翻訳してしまうと当然文字数オーバーになってしまいますよね?

そんな事も踏まえて翻訳し、言葉を選んで翻訳していくスキルが必要です。

どんな言葉で表現する事が一番本当の翻訳の意味を持ち、尚且つ端的に表現できるか…

そんな言葉を選ぶセンスが問われます。

そういう意味では、日ごろから目に入った物を「どう言葉で表現するか」と言う練習をしておくのも良いかもしれませんね。

言葉の引き出しは沢山あるに越した事は無いですよね。

森谷式翻訳術ホームページ
TOPページを見る