森谷式翻訳術で翻訳テクニックを!稼げると評判の最新副業は英語を使った翻訳者!?

企業やビジネスのグローバル化により、英語を扱える人材の需要が年々高くなってきています。

そんな中で在宅で仕事が完結でき、単価が高く競合が少ないことから「翻訳家」の仕事が副業として注目され始めています。

ですが、翻訳という仕事はただ単に英語ができればいいというわけでなく、英語から日本語、または日本語から英語へと微妙なニュアンスの違いも表現しなくてはならない特殊技術でもあります。

翻訳の技術を教えている講座はたくさん存在しますが、翻訳の中でも「トランスクリエーション」というジャンルを扱った「森谷式翻訳術」が話題になっています。

6か月で翻訳者デビューし高時給を稼ぐことが可能と謳っていますが、実際に翻訳者としてデビューは可能なのか、トランスクリエーションとはどういった翻訳のお仕事なのかを調べてみました。

森谷式翻訳術ホームページ

新型コロナウイルスと副業時代

新型コロナウイルスと副業時代

新型コロナウイルスの影響はいまだ続いており、世界では世界恐慌以来の失業者率で生活に影響が出ている人が多く存在します。

それは日本も例外ではなく、私たちの生活や働き方が大きく変わりつつあります。

在宅ワークが普及し始め、会社がなくなった時の為に収入口を増やすなど、リスクヘッジをする必要性が増してきました。数年前から副業を推奨する流れが起き始めていることもあり、多くの方が副業をしている、または探している状況にあると思います。

安定した副収入を得ることができ、在宅ワークで時間や場所にとらわれない、そんな新しい働き方を取り入れ、災害や老後への対策をおこなうことは現代においてはもはや必須だと思われます。

しかし一方で、時間のない日本人にとって仕事を増やすには、悔しいですが自分の時間を削ることしか方法がありません。

そうなると必然的に時間単価の高い仕事を選ぶことになりますが、世の中にそんなおいしい仕事がごろごろとは転がっていません。少なくともお金を払う価値があるスキルを身に着ける必要があります。

つまり今現在我々ができることは、今後長く働けるスキルを身に着け、本業の他に稼げる仕事を複数持つための準備を行っていくことです。

そうすることで、今後訪れるであろう年金問題や、老後の2000万円問題にも対処できるようになるでしょう。

生き抜くためには、自身で稼げる力をつけていくしかありません。

長くなりましたが、次の章からは翻訳の仕事について詳しく説明をしていきたいと思います。

森谷式翻訳術ホームページ

副業を始めるなら翻訳が熱い!

副業を始めるなら翻訳が熱い!

翻訳の仕事というと、英語ができないといけない、英語の資格が必要なんじゃないか、

というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

確かに基礎的な英語力は必要になりますが、特別な資格などはなにも必要ありません。

ビジネスシーンのグローバル化において、英語のスキルはもはや必須と言っていいほどですが、日本人で英語を扱えるのは人口のたった2%ほどといわれており、そのため日英の翻訳は人材自体が希少で報酬も高いのです。

英語力や翻訳のスキルを勉強する必要はありますが、これから先ずっと活躍できるスキルなので勉強しておいて損はありません。

新しく副業をはじめたい、新しくスキルを身に着けたいと思っている方にはおすすめの副業です。

翻訳家のメリットとデメリットを解説

副業をする上で翻訳家を選ぶメリットはなんでしょうか?

今の時代は副業は当たり前の時代になってきています。

その中でもよりよい働き方を見つけ、時代に適応していくことが大事になってきます。

改めて自分にとってのメリットを確認しておきましょう。

自由な働き方が実現できる

翻訳の仕事はすべて在宅で完結するので、時間や場所にとらわれず働くことが可能です。

本業が忙しい人でも、スキマ時間を利用すれば少ない時間でも高い収入を得られることが可能となります。

学歴や資格は必要無し

英検やTOEICのような資格は必要ありませんし、学歴も来歴も不要です。

求められることは翻訳のスキルのみなので、勉強さえすれば誰でも働けるのが翻訳の仕事です。

定年を超えても続けられる

会社勤めをしていると60歳~65歳で定年を迎えますが、翻訳は定年後も働き続けられるので、老後も安定した収入を得ることが可能です。

英語も堪能なはずなので、老後は海外へ移住して、翻訳をしながらのんびりと老後を過ごす、といった生活も夢ではないでしょう。

グローバル化により需要が高まっている

ビジネスシーンやマーケティングにおいて、トランスクリエーションの需要は非常に高まっています。

そして日本において翻訳というジャンルは競合が少ないため、一度見に着けてしまえば生涯現役で稼ぎ続けることが可能です。

今後右肩上がりの需要のマーケットで働き続けられるアドバンテージは非常に大きいものです。

人間関係に悩むことがない

すべて在宅ワークで完結させることができるので、毎朝通勤電車に乗ることも嫌な上司に嫌味を言われることもありません。

年齢性別気にすることがなく、誰にも邪魔されずに働けるのが気軽でいいところですね。

翻訳者には独学でなれる?失敗しないために必要なことは?

翻訳スクールなどに通わなくても翻訳者になることは可能です。

実際に独学からフリーランスで会社と業務提携をして仕事をする人も少なくありません。

しかし最初からフリーランスで仕事をもらえるというのはかなり特殊なケースです。

初心者の方が翻訳者を目指すのであれば、まずスクールに通われるのが時間効率的にもいいでしょう。

独学の場合

メリット:自分のペースで学べる。スクールよりも割安。

デメリット:自己管理能力が無いと続かない。

間違いに気づけない。

相談相手がいない。

スクールの場合

メリット:実践的な翻訳を基礎から学べる・マンツーマンで指導してもらえる・試験対策ができる。

デメリット:受講料がかかる。

いかがでしょうか?どちらも一長一短がありますので、自分に合った方法で翻訳者を目指してみてください。

翻訳者に必要なスキルとは?

翻訳の仕事とは別の言語から言語へと、意味が伝わるように変換しなければいけません。

そのため両言語への理解度が必要なことはもちろん、文章を読み解く読解力と、文章を書く発想力や語彙力が必要になってきます。

ではそういった力をつけるためにはどういった勉強をすればいいのかを解説しましょう。

ただひたすらに読むべし!

読解力を鍛えるためには情報を素早く多くのことをインプットできるようになる必要があります。

知識量を高めるためにも、小説でも新聞でもとにかくなんでも読み込むことです。

そうすることで表現力や語彙力も高まってくるため、アウトプットする際にも役立ちます。

おすすめはビジネス雑誌やレポートなどをたくさん読むといいですよ。

特に翻訳者は様々な文章を翻訳するため、そのジャンルの専門用語なども知っておく必要があります。

もし知らない単語に出会った時はすぐに調べる癖をつけましょう。

リサーチ力もまた翻訳の際に必要になってきます。

ただひたすらに読んで知識を付けるべし。

押忍!

読んだら書くべし!

インプットをしたら今度はアウトプットの練習です。

いかにわかりやすく読者に伝えるか、また原文との意味がかけ離れていないかを考えながら書き出していきましょう。

できれば原文と訳書の両方がある書籍などを用意します。

まずは自分なりに訳文を考え、そののちに訳書と見比べることで、答え合わせができます。

こちらもただひたすらに読んで書いてを繰り返し、己の知識力、表現方法を高めていきましょう。

押忍!

森谷式翻訳術ホームページ

トランスクリエーションとは?

トランスクリエーションとは?

「トランスクリエーション」とは、翻訳という意味の「translation(トランスレーション)」と創造を意味する「creation(クリエーション)」から作られた一種の造語になり、「マーケティング翻訳」とも呼ばれています。

原文を正確に訳す本来の翻訳とは異なり、より情報をユーザーへ強く訴えかけることを目的としているため、原文に基づいきながらも、よりクリエイティブな翻訳が求められます。

そのためには消費者のマインドを理解し、原文にある意図や背景を反映させる必要があるため、現地の事情やマーケティング知識などといった様々な情報が必要になります。

そこがトランスクリエーションの難しいところであり、面白いところでもあります。

マーケティングにおけるトランスクリエーション

トランスクリエーションはあらゆる場面置いて使われる翻訳テクニックではありません。

法律や医療などの現場は、より正確な翻訳が求められるため、原文をそのまま翻訳する手法が用いられます。

トランスクリエーションが活躍するのはマーケティングの分野においてです。

マーケティングで使用される言葉には、読み手興味を引き付け、最大限魅力的に伝わるように翻訳することが求められます。

言葉一つで売り上げが左右され、ブランドイメージにも関わるため、トランスクリエーションは非常に重要なファクターを担っており、年々需要が高まっています。

海外展開を考える日本企業や、日本に展開を考えている外国企業など、日英だけでなくアジア圏の言語も需要があります。

翻訳とトランスクリエーションの違い

翻訳は原文をそのまま訳すことに重きを置いています。

直訳になるのである程度機械翻訳でも可能で、最近ではほとんどがAIを用いるようになりました。

しかしトランスクリエーションは人間にしかできません。原文の意味に基づき、わかりやすくキャッチーに、リズム感やインパクトを作り出すには、人間の手は不可欠です。

トランスクリエーションはプロの翻訳者にしかできない高等技術です。

ある意味正解がないため、個人の解釈次第で可能性は無限大に広がるやりがいのある翻訳だと言えるでしょう。

そのため再現性がなく、この技術を論理的に説明し人に教えることはとても難しいと言われています。

この技術を身に着けるためには、専門の教育機関で習うのがおすすめです。

人に教えるノウハウやメソッドがあるため、短期間で効率よく学ぶことができるでしょう。

また教育機関によっては、翻訳者として仕事を得るために通過しなくてはいけない試験の対策も行っていますので、よりプロの翻訳者になれる可能性は高くなるでしょう。

トランスクリエーションの実例

実際に文字で説明されても「で、トランスクリエーションってどんななの?」と思われる方も多いと思います。

それでは実際に有名企業のトランスクリエーションの例を見てみましょう。

アナと雪の女王

みなさんもご存知のディズニー映画だと思いますが、原題は「FROZEN」となっており、そのまま訳すと「凍った」という日本語になり、正直タイトルとしては面白そうではありませんよね。

このFROZENをユーザーにより魅力的に、思わず見たくなるようなワクワクするタイトルにするにはどうすればいいでしょうか?

そこでトランスクリエーションの出番です。FROZENというタイトルを雪という形で残しつつ、登場人物を並べ、雪の女王とはどういう存在なのか興味を惹かれるようなタイトルです。

また主題歌の「Let it go」にも、「ありのままで」という意訳を付けることで、日本人にも意味のある馴染み深い歌詞となりました。

英日のキャッチコピー

日英ではなく、英日の翻訳の例もあります。

「かつてない小ささと、驚きの吸引力」

みなさんCMなどで聴いたことがあるフレーズではないですか?掃除機の日本語コピーです。

英語に直訳すると「Never before seen compactness, surprising suction power.」となりますが、このままだと長いですよね?

もっと短くキャッチーに、リズムやテンポも意識すると次のように変わってきます。

「Great Power In A Tiny Package」あるいは「Small Body, Impressive Power」となります。

どうでしょうか?単語一つ一つに力がある気がしませんか?

このように短い文ながらも、端的で伝わりやすくなっていますね。これがトランスクリエーションのすごさです。

森谷式翻訳術ホームページ

おすすめの翻訳塾、森谷式翻訳術とは

おすすめの翻訳塾、森谷式翻訳術とは

世の中に翻訳スクールは数多くありますが、その中でどういった基準でスクールを選べばいいかよくわからないといった方も多いと思います。

自分がどういったジャンルの翻訳をやりたいのか、そこを明確にすれば選ぶべき翻訳スクールが見えてきます。

ここでは先ほど説明した「トランスクリエーション」を基準に考え、私が実際にお世話になった森谷式翻訳術を紹介したいと思います。

森谷式翻訳術の特徴

翻訳ジャンルの一つである「トランスクリエーション」を専門的に扱い、6か月という短期間で翻訳者として活動できるようカリキュラムが組まれた、オンラインアカデミーです。

翻訳家である森谷佑二さんが開発した独自のメソッドで、再現性が困難なトランスクリエーションを論理的にわかりやすく教えてくれるので、翻訳が初めての方でも必ず翻訳技術が身に着けられるでしょう。

翻訳スクールの中でも、トランスクリエーションを専門的に扱っているスクールは多くありません。

ジャンル自体扱っている人が少ないため、スキル自体希少性が高く、競合が少ないため報酬も高いです。

需要も年々高まっており、翻訳会社から重宝されるので長期的に稼ぐことが可能でしょう。

翻訳家デビューへの道と試験攻略

翻訳者として仕事をしていくためには、いくつかのハードルがあります。

英語や翻訳のスキルを身に着けるのはもちろんですが、仕事をしていくためには翻訳会社の定めた試験に合格する必要があります。

森谷式翻訳術では6か月という短期間で翻訳者を目指しますが、実際にどういった道のりをたどるのか見てみましょう。

①英語力の底上げ、翻訳スキルの獲得

翻訳をするためには基礎的な英語力は不可欠です。

上達のコツはとにかく毎日英語に触れること。英語も日本語もとにかくたくさん読むことで読解力をつけ、たくさん書くことにより、読者に伝わりやすい文章を書く力をつけます。

翻訳者には「読む力」と「書く力」が不可欠です。

②トランスクリエーションに特化した翻訳テクニックを習得する

トランスクリエーションをはじめとした翻訳には、知識やリサーチ能力が不可欠です。

辞書の使い分けやネットで調べものをしたり、日々の情報収集が欠かせません。

クライアントの意図を汲みよりよい表現にするためには知識も不可欠です。

そんな細かな翻訳テクニックを学んでいきます。

③プロデビュー目前、翻訳会社の翻訳試験を対策をする

翻訳者はフリーランスとして活動してる人も多いですが、実績がなければ仕事は来ません。

翻訳者としてお仕事をいただくためには、翻訳会社が実施するテストに合格し、そこから仕事を振っていただく必要があります。

しかしこのテストは、合格者が全体数の5%ほどしかいないという難しい試験なのです。

無策で挑んでは合格率は低いでしょう。

森谷式翻訳術では、こうした書類審査や技術試験に合格するためのカリキュラムがばっちり組み込まれてありますので、試験の突破率も高く翻訳者デビューする人が続々と誕生しています。

試験対策はある程度のノウハウがないとできないので、こういった翻訳スクールでしか身に着けられません。

この3工程を6か月という短期間で行い、翻訳者デビューを目指します。

森谷式翻訳術ホームページ

オンライン講座に無料で参加できるキャンペーン

オンライン講座に無料で参加できるキャンペーン

森谷式翻訳術の講義内容が気になっている方に朗報です。

なんとLINEの友達登録をすると全4回のオンライン講座に無料で参加できるキャンペーン中ですよ。

この動画だけでもかなり学びがあるので見ておいて損はありませんし、森谷さんの人柄もわかると思うので気になっている方は要チェックです!

さらに、今だけのキャンペーンとして3つの特典がついてくるというので、そちらを紹介したいと思います。

今だけのスペシャル企画!無料オンライン講座に参加するともらえる3つの特典

特典①

「英語を使って年収1000万円の稼ぐ方法、講師森谷祐二に1日密着」

本講座の講師である森谷講師は英語を使って年収1000万円を稼いでいます。リアルに年収1000万円を稼ぐ人は一体どんなライフスタイルを送っているのか?今回は森谷講師のライフスタイルやそのヒントを公開します。

特典②

「海外に住みたい人必見!海外在住してよかった点と悪かった点のエピソード」

海外に住んで、自由なライフスタイルを送りたい!そのような理想の生活を思い描くことはあると思います。

しかし、実際に住んでみると良かった点と悪い点が出てきます。

アメリカ在住歴が長い、森谷講師が海外移住についてアドバイスしてくれます。

特典③

「森谷祐二が徹底厳選!英語を使って年収1000万円を稼げるようになるためのお勧め書籍5選集」

森谷講師が実際に英語を使って仕事をする上で必要だったこと、英語を勉強するという強い動機と意思、そしてそれらを後押ししてくれる「きっかけ」になった書籍をご紹介致します。

LINEの友達登録をするだけでこれだけの特典がもらえるのは嬉しい限りですね。

配信が必要ない方はブロックをすれば解除できるらしいので、キャンペーン中にぜひ登録をしておいてください。

森谷式翻訳術ホームページ

森谷式翻訳術の料金は?

森谷式翻訳術の料金は?

森谷式翻訳術の気になる受講料はおいらほどでしょうか?

みなさんとても気になるところだと思います。

一度確認してみましょう。

スクールの受講料は下記の通りになります。

森谷式翻訳術の料金とコース一覧

・通常コース

298,000円

・マンツーマンコース

498,000円

翻訳スクールの料金はまちまちなので値段の相場はわからないのですが、これから一生かけて稼げるスキルを身に着けられることを考えると、初期投資としては悪くない金額だと思います。

まとまった金額が必要なので躊躇される方もいるかもしれませんが、翻訳の仕事を開始できればすぐ取り返せる金額なので、あまり気にしないで大丈夫だと思います。

おすすめは直接質問したり教えてもらえるマンツーマンコースですね。

森谷式翻訳術ホームページ

森谷式翻訳術の森谷祐二とは?

森谷式翻訳術の森谷祐二とは?

森谷祐二さんとは、森谷式翻訳者の創設者であり、講師もされています。

独自のメソッドでトランスクリエーションを論理的に教えており、ご自身も翻訳で年収1000万円を達成している現役バリバリの凄腕翻訳者さんです。

詳しい来歴などを調べましたので記載しておきます。

翻訳家、森谷祐二とは

森谷祐二

1969年4月22日生まれ

「世界一分かりやすい森谷式翻訳術」の開発者

翻訳会社の試験合格からたった3ヶ月で月収100万円超えを達成したプロ翻訳者。

会社員時代には過労のため体を壊し入院をし、生死の境を彷徨い「死」を体験したことを機に自分の人生を再度見直すことになった。

その時に「自分の好きな時に好きなだけ自由に仕事ができる環境が欲しい」「英語を使った仕事がしたい」と気づき、翻訳スクールに入学する。

しかし、翻訳スクールに入塾するものの、長い期間成果が出ず翻訳者として道を諦めようと迷走していた時に、ある自分には翻訳者として欠けていたかけていた大きな問題に気づき、語句時のメソッドの開発を始める。

その後翻訳会社の試験を受けてからたった3ヶ月で月収100万円を突破し、誰もが知る大手企業から依頼が殺到する引っ張りだこの翻訳者として大活躍している。

現在は自身が開発したメソッドで、後進の翻訳者を育てる教育者として活動されており、分かりやすい授業と懇切丁寧な指導で受講生からは、絶大な人気と信頼を得ています。

森谷さんは純粋に英語が好きで、翻訳自体を楽しんでいらっしゃるように見えました。好きなことを仕事にして成功されているとてもいい例だと思います。

授業もとても論理的でわかりやすいので、一度無料のオンライン講座を見てみるといいと思いますよ。

森谷式翻訳術ホームページ

怪しい詐欺の可能性は??森谷式翻訳術の運営会社を調査

怪しい詐欺の可能性は??森谷式翻訳術の運営会社を調査

森谷式翻訳術の運営会社について調べました。

実はこのようなスクールを選ぶ際に気を付けないといけないのは高額な教材を買わされるパターンで、勉強は本人任せでほったらかしにすることです。

怪しい運営会社ですと、法人登記されてなかったり、ダミーの住所をおいてあるのでそこを調べるといいですよ。

私も受講前に気になって運営会社など調べましたので、調査結果を見てみましょう。

運営会社は株式会社トランスクリエイターズ

会社概要

株式会社トランスクリエイターズ

代表、加藤彩

設立年月日、2021年1月7日

住所、東京都港区三田2-20-17ジェノヴィア麻布十番グリーンヴェール903

電話番号、03-5405-2086

株式会社トランスクリエイターズホームページ:https://transcreators.jp/

会社の住所や商号が確認とれましたね。

ダミー会社ということはなさそうです。夜中にはあくどい商売をする会社も存在するので、気を付けておくに越したことはありません。

森谷式翻訳術ホームページ

悪い口コミや悪評がないかどうかを調査

悪い口コミや悪評がないかどうかを調査

ここでは実際に森谷式翻訳術を受講されている生徒さんのリアルな声を紹介させていただきます。

翻訳に興味があるけれど、受講するかどうかは迷っているという方は是非参考にしてみてください。

実際に講義を体験された方の意見が一番参考になりますからね。

受講生の口コミ一覧

英語を学びながらお金が稼げる(会社員/30代/男性)

仕事で必要だったこともあり、英語を改めて勉強しなおすことにしたんですが、どうせなら手に職つけるくらいまでになりたいと思い翻訳についても勉強することにしました。

トランスクリエーションというジャンルが本業でも役に立ちそうだったのでこの森谷式翻訳術を受講したんですが、覚えることが多くてなかなか大変でした。難しい分やりがいもあるので勉強は苦じゃなかったです。

翻訳の仕事をしながら英語の勉強にもなるので、最高の仕事だと思いますね。

英語を活かした仕事がしたくて(主婦/40代/女性)

高校生の頃に海外留学していたこともあり、英語は得意だったのでそれを仕事にしたくて翻訳の仕事に興味を持ちました。原文をそのまま訳すのではなく、より魅力的に映るような文章を考えるのが楽しいです。

現在は駆け出しですが翻訳の仕事を少しづつこなしていってます。

かなり難しいです(学生/20代/男性)

翻訳の仕事がしたくて森谷式翻訳術に申し込みました。

英語の知識だけでなくマーケティングやビジネス用語など、色んな知識が必要になるので覚えることがすごく多いです。

英語が理解できるからといって翻訳ができるわけじゃなくて、文章を作るセンスみたいなものが必要なんだなと思いました。

好きを仕事にして収入がアップしました(会社員/30代/女性)

映画や洋楽が好きでずっと独学で英語の勉強をしてたのですが、独学だけでは翻訳家になるのは難しかったのでこちらに申し込みました。

映像翻訳が好きなのですが、マーケティング翻訳におけるトランスクリエーションが非常に想像力が必要で、難しいながらもうまく言葉にできた時の達成感が気持ちいいです。

いずれは翻訳家一本で食べていけるようになるのが夢です。

サラリーマンから翻訳者に(会社員/60代/男性)

定年目前でなにか新しいことを始めようと思い、海外旅行へ行くのが夢だったので、英語の勉強と共に翻訳の勉強も始めました。

簡単な仕事ではないですが、クリエイティブ色が強く、もともともっていた翻訳のイメージとはずいぶん違うものでした。

不思議と英語への理解がより一層深まったような気がします。

これから生涯現役で翻訳者として働けるよう頑張りたいと思います。

森谷式翻訳術ホームページ

まとめ

まとめ

ここまでお付き合いくださいましたありがとうございました。

森谷式翻訳術では生徒に対するサポートも充実しており、翻訳者を目指すうえではとてもいい環境だと思います。

英語というのはスキルとして持っておいて絶対に損はしませんので、今からでも勉強をし直すのはご自身にとってもすごくプラスになると思います。

ここで紹介した森谷式翻訳術は、受講料がかかるのと、習得までが大変だというところはありましたが、一生涯現役で働くことができる仕事なので、翻訳者として仕事ができるようになれば、間違いなく今までと違う豊かな生活と、新しい働き方を手に入れることができるしょう。

もし英語が苦手という方も、英語を学びながら翻訳スキルも学べるようになっているので、諦めずにぜひ挑戦してもらえればと思います。

興味がある方は無料で見れる講座があるので、まずはLINEに友達登録をして講義動画をご覧くださいね。

それではみなさんの生活が少しでも豊かになることを願って、ありがとうございました。

森谷式翻訳術ホームページ